ジェットスターは成田から発着

ジェットスターは成田から発着

格安航空券の認知度は高く、国内外問わず学生を始め家族旅行で利用する人は右肩上がりで増えています。
幾つも格安航空と謳った企業はありますが、どれも共通して言えるのが安かろう悪かろうではなく、安心安全は絶対確保するという高い意識レベルで利用者を満足させている点にあります。空の旅において、快適さ以前に安全重視である事は万国共通、全企業共通です。その上で少しでも快適に機内を過ごす事が出来るサービス競争を繰り広げて来た歴史があります。

しかし昨今、先の見えない経済状況の中注目されたのが価格です。そこに各業界に広がっている自由参入化の活発化により、航空会社も幾つか設立されました。
その1つが国内では3拠点をおいて大々的に活躍しているジェットスターです。成田空港も拠点の1つで、国内の主な空港は勿論の事、ローカル空港に発着しているというメリットもあります。また3空港に拠点を置く事で利用者に便利な時間帯に飛行機を飛ばす事が可能になっています。

国内線に限って言えば、1万円以内で往復可能という従来では考えられない驚きの価格設定で搭乗する事が出来ます。チケットの購入もインターネットで24時間可能、支払は最寄のコンビニ決済もOKという利用者の立場に立って考え抜かれた利便性では他社の追随を許しません。
特に人口の多い関東の拠点は利用者も桁違いで、里帰りから旅、ビジネスに至るまで目的も人それぞれです。

無駄を徹底して取り除く為に、機内持ち込み荷物以外の、飛行機なら当然付随する預け入れ手荷物のサービスも有料です。
1個に付きいくらという価格を設定しているので、前もって荷物は現地に運んでいる人や、日帰りで飛行機を利用する人にはメリットがあります。万人に当たり前に付いているサービスを取っ払って、必要な人が必要なサービスを利用する、そんな新しい時代へ突入したのです。

当然機内サービスも有料になります。
基本はゼロ、緊急時以外は特別用意されているサービスはないので、自分で食べ物を用意する必要がありますし、有料で飲み物を頼む事になります。

全てにおいて当たり前だったサービスを全て有料化する事で、利用したい人が必要なサービスを利用するという理に適った飛行機の移動手段が誕生した訳です。
繰り返しになりますが、料金を細分化しただけで、何より大切な安心と安全は確保されています。乗務員は他社同様徹底した安全マニュアルを叩きこまれたプロ集団です。


Comments are closed.