Browsed by
作者別: user

ジェットスターの成田発便活用のコツ

ジェットスターの成田発便活用のコツ

JetStarは日本国内線および国際線を運航している格安航空会社(LCC)のひとつで、低価格な飛行機チケットながらサービスの質などにも力を入れているLCCです。

成田空港において、当LCCを含むいくつかの格安航空会社は、第3旅客ターミナルへと移されました。 移動にともなって、かつて空港の端で満足なことを提供できていなかったLCCが、自前のサービス店舗や大手航空会社と同等のラウンジ、そして搭乗客の待機フロア400席ほどに拡大されることになりました。
第3旅客ターミナルを利用するにあたってのコツは、第1や第2利用時よりも少し早めに到着するということです。 

電車と接続しているターミナルは第1と第2であり、第3ターミナルと最も近い第2からでも約500メートルほど離れています。 そのため第2と第3の間に設けられたアクセス通路を通る必要があり、10分から20分ほど受付到着まで余計に時間がかかります。

また、第2発の無料シャトルバスを利用することもできますが、ルートの関係で所要時間が徒歩とあまり変わらないということも考慮しておくと良いでしょう。 一方で、高齢の方などを連れている場合は、シャトルバスを利用するか、第3専用のバスやタクシーの乗降場があるため活用しましょう。

LCCは全体的に便数が少なく、それは当LCCも同じです。
事前に予約している便を逃してしまうと、次の便まで非常に時間がかかることになります。 そのため電車の乗り遅れには注意しましょう。 空港へのアクセスは羽田に比べると選択肢が少ないのが特徴で、1本乗り遅れると30分から1時間程度空港到着が遅れることになります。

事前に電車の乗り換え時刻などをしっかりと調べておくこともコツのひとつといえるでしょう。
また、空港で預ける荷物がある場合は事前予約をしておくことが大切です。 

予約をとっておくことで手荷物を預けるための手間や時間を節約できるだけでなく、事前にインターネットで予約をしている場合と当日預ける場合とでは料金が異なるためです。
国内線、国際線問わず確実に予定の便を利用したいときには、空港近くのホテルに前泊するというのもコツのひとつです。 特別なサービスなどはなくとも1人3000円程度から宿を提供しているところもあり、空港に近いことから翌日の時間に余裕をもつことができ、予約している便を逃すという事態は確実に減ります。

ジェットスターで成田から旅をする、手荷物の制限について

ジェットスターで成田から旅をする、手荷物の制限について

成田空港を拠点に旅客サービスを展開するJetStarは、格安航空会社(LCC)シェアの中でも、50%を超える利用率を誇り、有力な選択肢となっています。
その強みとして、関西空港や中部空港という3大都市の空港を拠点となっている、国内線ではJalと提携して16路線を確保し、また海外路線も13路線を用意しており、使い勝手が良くなっています。

また、カンタス航空に準拠した安全基準に加えて、最低価格保証制度を整えており、もし他のLCCの航空チケットが安い場合は、他LCC価格よりも10%低い価格で利用できるのが人気を集めています。

その中でも最も魅力的な内容となっているのが、航空チケットの安さです。
特にカウントダウン方式の航空チケット運賃モデルを採用しており、フライト当日に近づくほど、運賃が高くなり、遠ざかるほど安くなります。
路線や時期、空席状況によっても異なりますが、JALやANAといった大手航空会社と比較すると、40%~50%ほどで利用できることも多いです。

手荷物制限を受けることも知られています。
規定された手荷物を超えていないかどうかを、搭乗できる場所でチェックされ、規定を超える場合は受託手荷物となり、航空チケットとは別に受託手荷物手数料が必要になります。
具体的な手荷物制限として、economyの場合では、1人あたりでキャリーケース1個、ハンドバッグ1個の合計重量7kg未満です。

ビジネスクラスでは、キャリーケースなどが2個、ハンドバッグ手荷物が1個、合計で14kg未満になります。
また、サイズも決まっています。
キャリーケース1個あたり高さ56cm・幅36cm・奥行23cm未満、スーツカバーとしては、高さ114cm・幅60cm・奥行11cm未満になります。

特に注意したいのが、ハンドルやポケット、キャスターのあるキャリーケースです。
搭乗ゲートによるチェックではハンドルやポケット、キャスターなども対象となるため、ハンドルを収納してもサイズを超える、ケースの外ポケットに荷物が入れていて膨らんでいる、ケースの車輪(キャスター)を入れるとサイズを超えないよう注意しましょう

機内に持ち込めるものとしてハンドバッグ、文庫本、財布、ノート型パソコン、コート、傘、免税品(国際線限定)になります。
これ以外にはスキンケア、シェービングホーム、ネイルケア、マウスケア、コンタクトレンズ洗浄剤、ヘアケア用品、制汗スプレー、虫刺され・殺菌スプレー、電池類などが持ち込めます。

また、アルコール類はアルコール度24%~74%以下であれば持ち込めます。
しかし、アルコール度74%以上のお酒、スポーツ用のスプレー類や接着剤、楽器用オイル、加熱式飲料、リチウム含有電池(電子機器本体含む)の中には、手荷物だけでなく、受託手数料の支払いに関係なく、機内に預けられない場合もありますので、事前にチェックしましょう。

ジェットスターでお得に成田から旅行

ジェットスターでお得に成田から旅行

現在様々なLCC(格安航空会社)が日本から海外への旅行を便利にしてくれています。今回は香港へ行った時のお話です。日本から香港へは日本の航空会社を始め香港の航空会社、中国系の航空会社などもたくさん乗り入れています。旅行の手配でまず決めることは飛行機。LCCがあるこのご時世とてもお得に海外へ行けるもののどの航空会社を使ったらいいのかわからない。どれも大して変わらないのではないか?そう思う方も多いと思います。

私の体験談にはなりますが、今回は5月に2泊3日で香港へ行き、航空券代金とホテル代を含め3万円をきりました。やはりLCCはありがたい限りです。往復の航空券代金がそれぞれ数千円で済むこと、機内持ち込み用のスーツケースを駆使すれば機内預け荷物代がかからないことでだいぶ節約できました。

他のLCCと比べても1万円くらいは安く手配ができLCCではない航空会社の正規割引価格のものよりも2万〜3万は安く購入が可能でした。香港のLCCは、確かに価格は安いのですが、発着の時間帯が優しくないです。朝はとんでもなく早く帰りは終電ないくらい遅い。そのためどこかで前泊したり、空港内で一夜を明かしたり…前泊するとなるとその分お金がかかるし、結果ほとんど変わらなくなってしまうなんてことも。

その点、ジェットスター利用は日本を出発する時も帰ってくる時も交通に不便はありません。直接空港へ来ることができる時間帯なので無駄な宿泊費も全くかかりませんでした。
成田国際空港発のGK香港行きは1日1便です。(2016年5月現在の情報です)時間帯が選べませんが、朝発でお昼着なので現地到着後も時間を有効活用出来ると考えると観光をするという点でもお得感がありますよね。

復路は現地を午後に出発するので早朝からバタバタすることもなく空港に着いたあとも余裕で電車やバスで帰れます。これは結構ありがたくありませんか?疲れて家に帰れないから、空港や空港近辺で一泊しなくてはならない、お金がかかりますよね。かといってちょうどいい時間帯の航空券を購入となるとやはり高い。高くても便利なので売れますから。

朝、会社に行くくらいに家を出発してそのままお昼には香港に着き、飲茶のランチをお腹いっぱい食べ、活気あふれる香港の市街をゆっくりお散歩したりできちゃうわけです。夜景を見ることも可能です。最高の息抜きだと思いませんか?

香港は言わずと知れたグルメの国です。B級グルメもたくさん、美味しい香港スイーツもたくさん。LCCを上手く使えば少しの休みでちょっと香港フードを食べに…と言った夢のような休日が過ごせるわけです。こんな感じで今回の自分へのご褒美としてとても良い旅行の手助けをしてくれました。これからLCCを利用して香港へ行かれる皆様のお役に少しでも立てたら幸いです。

ジェットスターは成田から発着

ジェットスターは成田から発着

格安航空券の認知度は高く、国内外問わず学生を始め家族旅行で利用する人は右肩上がりで増えています。
幾つも格安航空と謳った企業はありますが、どれも共通して言えるのが安かろう悪かろうではなく、安心安全は絶対確保するという高い意識レベルで利用者を満足させている点にあります。空の旅において、快適さ以前に安全重視である事は万国共通、全企業共通です。その上で少しでも快適に機内を過ごす事が出来るサービス競争を繰り広げて来た歴史があります。

しかし昨今、先の見えない経済状況の中注目されたのが価格です。そこに各業界に広がっている自由参入化の活発化により、航空会社も幾つか設立されました。
その1つが国内では3拠点をおいて大々的に活躍しているジェットスターです。成田空港も拠点の1つで、国内の主な空港は勿論の事、ローカル空港に発着しているというメリットもあります。また3空港に拠点を置く事で利用者に便利な時間帯に飛行機を飛ばす事が可能になっています。

国内線に限って言えば、1万円以内で往復可能という従来では考えられない驚きの価格設定で搭乗する事が出来ます。チケットの購入もインターネットで24時間可能、支払は最寄のコンビニ決済もOKという利用者の立場に立って考え抜かれた利便性では他社の追随を許しません。
特に人口の多い関東の拠点は利用者も桁違いで、里帰りから旅、ビジネスに至るまで目的も人それぞれです。

無駄を徹底して取り除く為に、機内持ち込み荷物以外の、飛行機なら当然付随する預け入れ手荷物のサービスも有料です。
1個に付きいくらという価格を設定しているので、前もって荷物は現地に運んでいる人や、日帰りで飛行機を利用する人にはメリットがあります。万人に当たり前に付いているサービスを取っ払って、必要な人が必要なサービスを利用する、そんな新しい時代へ突入したのです。

当然機内サービスも有料になります。
基本はゼロ、緊急時以外は特別用意されているサービスはないので、自分で食べ物を用意する必要がありますし、有料で飲み物を頼む事になります。

全てにおいて当たり前だったサービスを全て有料化する事で、利用したい人が必要なサービスを利用するという理に適った飛行機の移動手段が誕生した訳です。
繰り返しになりますが、料金を細分化しただけで、何より大切な安心と安全は確保されています。乗務員は他社同様徹底した安全マニュアルを叩きこまれたプロ集団です。

成田発のジェットスターセールチケットのキャンセルについて

成田発のジェットスターセールチケットのキャンセルについて

格安航空のジェットスターをさらに上手に利用するなら、セールチケットを利用しない手はありません。
セールチケットは、メールマガジンのMy Jetsterに登録すれば利用できます。
毎週1度~2度、1ヶ月あたり4~6通のメールが定期的に送られてきますので、手間もいりません。

メール内容がわかりやすい件名になっているので、気になる航空チケットであれば、中身を確認すればよいですし、そうでない場合は、中身を開かず削除しても構いません。
メールマガジンに登録するさいに搭乗者情報を入力しておけば、成田発の手頃な航空チケットの購入も有利になります。
ただし、セールやキャンペーンされている航空チケットでも、原則としてキャンセルはできませんので注意しましょう。

大手航空会社の航空チケットでは、急な予定が入るなどして便を利用できなくなると、払い戻しサービスを利用できますが、LCCの場合はネットや電話、カウンターなどの購入方法にかかわらず、キャンセルして払い戻すサービスは行っていません。
ただし、例外があります。

同社の航空チケットのタイプには、Starter、Starter Plus、Starter MAX、Business Business MAXがありますが、この内、Starter MAXやBusiness MAXを購入した場合は、手数料が必要ですが、とキャンセルして払い戻しが受けられます。
気になる払戻手数料ですが、国内線の場合は3090円、国際線の場合は路線によって支払い通貨が異なり4150円~になります。

Starter MAXとBusiness MAXの2つの運賃プランは、キャンセルして払い戻しできるメリットがありますが、これ以外にも他の運賃プランにはないメリットとして、出発地と到着地の変更もできます。
格安航空チケットが魅力のLCCでは、高額なStarter MAXやBusiness MAXなどの運賃プランを利用するのは一般的ではありません。

このような高いサービスを求めるなら、大手航空会社を利用すれば良いからです。
では、航空チケットセール購入したのに、どうしても日程が合わない状況が発生したら、どうすればよいのでしょうか。
このような場合には、日程を変更して、後日利用する方法があります。

Starterや、Starter Plus、Businessプランでは、出発地や到着地を変更することはできませんが、日程を変更することは可能なので、後日改めて旅行できます。
また、コールセンターに連絡をすることで、名義を変更できるので、家族や友人知人に譲り、有効活用する方法もあります。